エリザベス女王杯

エリザベス女王杯エリザベスじょおうはい)とは
日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝・外回り2200mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。

1975年にエリザベス女王が来日したことを記念し、翌1976年に前身の「ビクトリアカップ」から「エリザベス女王杯」として新設された。1996年、秋華賞の新設に伴い芝2400mから芝2200mに距離が短縮されると共に古馬牝馬も出走が可能になり、牝馬最大の目標の1つとして定着、3歳牝馬三冠路線組も合わせ牝馬の一線級が一堂に会する競走となっている。

1995年以降には、JRAの方針によりGI競走が地方馬にも開放され秋華賞・京都大賞典・府中牝馬ステークスのいずれか2着以内の地方馬には出走資格が与えられることになり、更に1999年からは外国馬も出走可能となり2008年からはジャパン・オータムインターナショナルシリーズに指定されている。

エリザベス女王杯
■ 開催地京都競馬場
■ 格付けGI
■ 距離芝・外2200m
■ 賞金内訳1着賞金9000万円、2着賞金3600万円、3着賞金2300万円、4着賞金1400万円、5着賞金900万円
■ 出走資格・原則サラブレッド系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬及び外国調教馬(9頭まで)、出走枠は18頭まで。
・レーティング順位の上位5頭に対しては優先出走が認められる。(要106ポンド以上)
・その他の競走馬は「通算の収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。
・地方競馬所属馬は、京都大賞典・府中牝馬ステークス・秋華賞のいずれかで1・2着だった場合に出走できる。
■ 負担重量定量(3歳54kg、4歳以上56kg)

【エリザベス女王杯 ステップレース】

競走名格付施行競馬場施行距離必要着順
京都大賞典GII京都競馬場芝・外2400m1・2着
府中牝馬ステークスGIII東京競馬場芝1800m1・2着
秋華賞GI京都競馬場芝2000m1・2着
タイトルとURLをコピーしました